こんにちは!色々以下略でしたがお久しぶりです!
今日はラースレック八方苦無の便利さについて書こうと思って。

わたしは術型なんですが、最近ラースレックでの八方苦無(物理技)を導入しました!
厳密には爆裂苦無も使ってます。
screenIdavoll102
※わむてるらぶさんからのアップデート前データなので苦無の本数などが違います。
今は苦無2本消費です。

screenIdavoll102aa


現在のスキル振りはこんなかんじ(わむてるらぶさん↓)
http://uniuni.dfz.jp/skill4/obr.html?20HSabqnqx1IsHS3bs1rfksaodnnD

前と違うのは火忍術を切って、八方苦無と明鏡止水、上忍の腰帯で対闇属性威力が上がる幻術系を5取ったことです。

なんで火を切ったのかっていうと、火忍術は
①符の展開もあってそもそもあんまり使わない(スカラバとかも氷柱で良いし)
②氷柱落とし用のディレイを確保してても龍炎陣はディレイが残ってたりする
③龍炎陣の威力もそこまで高いとはいえない(属性突いても使いづらい)
こんな理由があるからです。

特に③は氷柱落としが似たようなダメージ出せて、指押しっぱなしで発動できるっていう便利さを考えると要らないかな~って思ってしまいます……。朔風は連射できるのでまだ有用です。

だったら他のスキルで足りない部分(術で対応できない部分)を補ったほうが良いと思い採用したのがラースレック八方苦無(と爆裂苦無)でした。

ラースレック八方苦無の良い所と使いにくい所はこんな感じです。
●良い所
二刀流かつサイズ補正、苦無属性と武器付与属性が一致してればそれなりにダメージがでる
(土符か対応した属性符ならさらにダメージアップ)
②すぐ出せる(死んで十六夜のクールタイムで技が出しにくい時も使いやすい)
③必中でDEF無視効果
●使いづらい所
①苦無が1個重量2だから計画的に使う必要がある
②属性の付けない敵には弱い(苦無の属性と武器の属性がどっちも大事なのに聖闇苦無は無し)
③属性大事すぎて無属性苦無が使いづらいし入手がマラン缶

この内、良い所①のメリットが自分にとってはすごく大きくて、ラースレック二刀流なら属性付与と苦無属性、サイズ補正がきちんとしていればサブ火力としては良いかも?って思うぐらいにはダメージ出てくれるんですよね。

↓ラース八方苦無での草原討伐動画です。
土符を使ってますが、装備はそこまで物理寄りにしていない感じです。(コルコアは未エンチャ)


なので術忍が水か風符を展開して氷柱落とし・朔風を戦う中で、もし属性が通らない風属性か土属性の敵が出てきたら八方でサクッと対応っていうのも悪くはないかなって思いました。
術で対応できない相手だと予め分かっていれば、その時はラースレック+霧の妖刀(土符固定)で爆裂と八方していけば良いので。でも、燃費は忍術のが良いのでそれ一辺倒だと夢幻とかは続かない場合もあります。

ちなみに爆裂は土符の恩恵がすごいので術+爆裂の両立は難しいです。符の切り替えも頻繁にするのは大変……。間に八方苦無という存在があって初めて物理と魔法両方の技がスムーズに使えると思っています。

そんな感じで現在は

術メインで戦ってサブ八方が欲しい時:ラースレック2刀流+デモンズファミリア(大罪版のコルコアです)
術威力上げたい時:ラースレック+増幅武器+デモンズファミリア
聖相手や近づけない時に爆裂八方で戦う時:ラースレック+霧の妖刀+デモンズファミリア


って使い分けをしようと考えています。これは簡易的な持ち替えなのでボス前とかだったらもう片方のラースとデモンズも変えちゃうのもアリかなって思ってます。
媒介や苦無は明鏡止水で回復する分多く積めそうな感じです。