べとべとしててすみません。

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. ©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

カテゴリ: > 個人的なまとめ

やる気のある内にまとめておきたいことが多いです。
あとは忍者的に参考にしやすいブログの紹介とか
(知ってるもの自体が少ないので見かけた範囲での紹介に
なると思います)
スキル、持ち物の紹介とかやりたいかな~~。

今回は個人的に術忍で気を付けてることの
紹介いきま~す!

ちなみにすぐ床ペロしちゃう状況で
十六夜できない時間を減らすために
十六夜5と十六夜3の使い分けをすることは
ありますが、忍者全体で言えることだし
そういうのは省いています。

爆裂とかは十六夜しなきゃ詠唱が残ってしまうけど
氷柱落としや朔風は無くても無詠唱で出せるから
十六夜が無くて何もできないっていう時は
あんまりないかも。

(ただ符の詠唱は十六夜が無いと遅いです)


①敵の属性がバラバラな所では2~3属性使えるようにする

他の職やタイプだったら当たり前のことなんだけど、
術忍は火・水・風で戦うのが基本なので、属性相性には
より気を配る必要があると思います。


(土魔法も一応、土符→開放で打てた気がするけど
うろ覚えだし、使いやすいとは言えないから
この部分では例外という事で…。)

例えば氷柱落としをメインに戦うにしても
効かない敵には、どうするのか。
それをクリアしたとしても聖4とかどうするのか。


この辺りが解決してあれば、色んな所にも行けるし
長く遊べると思います。

逆にそうしないと遊べる所は限られるかも。
装備で使えるスキルが増えてきた今だからこそ
考えたい課題です。

②符で魔法威力のバランス調整をして対応力を上げる

忍術は展開する符の影響をかなり受けるのがポイント。
でも、戦いながら敵毎に咄嗟に展開するのは少し大変です。
だから使いたい技に合わせて属性符を
事前展開しておくのが基本だと言えるでしょう。

で、その前提がある中で
色々な属性の敵と戦う時や敵の数が多い所では
自分の場合、メイン技の氷柱落としではなく
サブ技の朔風に合わせて風符を展開しています。

これは何故かっていうと次の理由が大きいかも。

・氷柱落としはそのままでも威力がそれなりにある
・風、聖以外だったら氷柱落としで倒しそこねた敵が
朔風ですぐに対処できる
(この部分は土のやつと水のやつがいるハワードを
雑に判別して倒すのに助かってます)
・朔風は範囲に優れる分使いやすく、
符展開で頼りない威力も少しはカバーできる
(敵が近かったら氷柱落とし、遠かったら朔風という
使い分けも可能
)
・氷柱落としで凍らせた後に使いやすい

本当に個人的な話になるんですけど、こんな感じで
符で朔風の威力を素の氷柱落としの威力と
同じくらいにしてMD探索をしやすくしています。


もちろん、属性一つで事足りるような所やボスの時は
普通に属性突ける技に合わせた符展開をする事が多いです。

↓渓谷討伐の時なんかは風符朔風と弱点突いた氷柱で
どちらもローラ以外ほぼ1確取れてた気がします。




③持ち歩く媒介の数、消費を抑えられるところを考える

夢幻だったら自由なタイミングで戻れるから
まだ良いですけど、ETとか古城探索だったら
この辺は考えておきたいかも。

自分の場合、普段は氷閃石400風鈴石500くらいを
持ち歩いてます。
ETとかだったら氷閃石500風鈴石600くらい持っていくけど
60~70階の時にはもう使い切ってる時が多いですね…。

最初の方で雷撃砕使いまくってるのも消費に関係してそうだけど。

そんな訳で長丁場のMDの時は、強敵以外だったら
氷閃槍・紅炎華・風刃で対処したり、
装備で使えるLOV・メテオで対処したりして
媒介消費を抑えることも必要かなって思ってます。


今回はこんな感じでおしまい!

久々の投稿です。もう正月もすっかりすぎちゃって
あっという間に2月ですね。
ここ最近はまったりのんびりイベントをやってる感じです。
今回は術忍で使いやすかった装備を紹介してきます。

使いやすかった装備なので、持ってない装備とか
知らない装備は書いてません。
エデンとかはもう色々頭装備出てるし構成的に
選ぶような感じだから同じく。
真理もまだ導入段階なので以下同文です。
某強い魔法使いさん見習って★★★~★でランク付け。
詳しい装備効果は調べてみて。

●上忍の腰帯(アクセ)
★★★

言わずもがなですね。
媒介が必要な上級忍術の威力がめっちゃあがります。
無いと対象忍術のダメージはちょっと悲しいものに。
スキルを振って2個付ければ闇属性相手にも属性忍術が通るし、
闇1なんかは大好物です。

でも、これが無いから戦えないってことはありません。
それはそれで、アクセが自由になるのでその分違った
強化ができるはずです。
例えば、腰帯じゃ強化されない紅炎華、氷閃槍、風刃の
ダメージアップを目指す
とか。
その場合、範囲が欲しかったらアセイミーで
メテオするとかアクセ空いてるの活かして
WパズズLOVするとか良いかも。
氷柱落としに関しても緊急回避で凍らす目的に使うとか。

実際、異形のボスみたいにめちゃめちゃHP高い敵が居て、
倒してもすぐ戻れないって時は媒介消費を防ぎたいのも
あって氷閃槍などで戦うことがありました。

ちなみに台湾?ROでは氷閃槍を装備でブーストしてメインで
使うような形になってるみたいです。
まあ、あっちは専用装備があるみたいだけど
気にしない方向で。

●ママラガン、悪霊のうめき声(靴)
★★★

暴走とセットでINT40、ディレイ40カット
腰帯付けたらディレイカット、無詠唱に悩むと思うので
これは便利ですね。もちろん腰帯付けなくても
INTあげられるのは素敵だと思います。
ママラはLOV撃てるのが良いし、うめき声は+6で
ディレイカットやMDEFカットがとれたりカード
付けられたりするのが良いです。
どっちも精錬値が低くていいので、あんまり
お金を掛けずに入手できるのもポイント。


●ポロロッカシューズ(靴)
★★

書いている人が魔法と苦無のハイブリッドなので
属性的な辛さで苦労したことは無いんですけど
腰帯の効果を適用しない状況だと
闇4は結構きつそう。腰帯あっても聖4は無理って
感じ
です。

そんな時に役立つのが属性場を作れる
ポロロッカシューズ。
ポロロッカシューズでデリュージ5を張って
氷閃槍10をかませば生体獄マガレでもランデルでも
ごり押し
できます。

実際にやってみた動画↓



お手軽な属性場だと他にも封印DL+特殊環境ブーツで
ボルケーノ1出せるけどブーツがそれなりに高いから
ポロロッカおすすめです。

●ラーヴァレザースーツ、マフラー(鎧、肩)


ディレイカットと無詠唱のためのDEX向上、
攻撃速度向上を安価で狙える装備。
マフラー単体だと属性耐性がそこまで取れないので
その点は注意です。

●ノックバック無効付装備
???

これは好みというかスタイルもあるかと
思うんですけど、自分の場合
空蝉5で影分身取っていません。
ノックバック無効付けながら空蝉5を連発して
敵の通常攻撃を避けています。

そんな関係からノックバック無効装備も
個人的には便利だな~って思い書きました。
ただし、生体のマックスペインなんかは
ノックバックした方が食らったのが
分かりやすいですし回避もしやすい
です。

●黒色OS、ラースレック
★★

安いエンチャ材のやつなら気軽にINT、DEX盛れるし
属性耐性も少し取れたりする
のが良いです。
腰帯構成ならエンチャ頑張ってディレイも取ったり
すると良いかも。
新装備の構成を考えていてディレイ足りない、
無詠唱分足りないって時に持たせたりします。
コルコアヘッドフォン、デモンズファミリアの
組み合わせもそれなりに良い感じ。

●イリュージョンバゼラルド増幅付き
★★

なんか増幅付短剣探してます!っていう時に
おすすめの武器です。INTもめちゃ上がるし
攻撃速度アップも嬉しい
。もちろん2刀流でも良いでしょう。

最近は蜃気楼エンチャが付けられるようになったので
より使いやすくなりました。
現在、IL系武器・防具はボスc、封印ボスcとのセット効果を持つ
エンチャ(厄災の魔将、豊穣の女神、起源の王、英雄の凱歌など)が
付けられる
物があるため、組み合わせ次第では
バゼラルドに限らず火力上げられたりHP増強できたりします。


●メロン武器
★★★

シンソウ、アルカナ、暴走、MDEFカットを一気に
取れる
のは便利すぎ…。
装備無い時はダガー作って片方に持つと良いかも。
入手時期がイベントの時なのが残念な所。

●SP回復装備/アイテム
★★

当然だけど、暴走やら忍術連発したりしてると
SPはすぐ減ります。
なのでSP回復方法についてあらかじめ
考えておいた方が良いかもです。
例えば、イリュージョン月光剣二刀流とか
C挿し古びたサンダル+武器で
火炎陣出してもりもり回復するとか…

この辺は現在火忍術とか切ってる身なので
なんとも言えないんですけど、PT狩りやMDなんかで
行いやすい回復方法が良いかも。

書いてる本人はモーラオレンジいつも食べてます。
180個くらいは持たないと不安だったり。
ゲートオブネザーワールドの潜在開放効果
(明鏡止水クールダウン大幅カット)も
SP回復手段として割と気になってます。

こんな感じでひとまずおしまいです。
他にも思いついたやつがあったらまた書きたいな。

このページのトップヘ