やる気のある内にまとめておきたいことが多いです。
あとは忍者的に参考にしやすいブログの紹介とか
(知ってるもの自体が少ないので見かけた範囲での紹介に
なると思います)
スキル、持ち物の紹介とかやりたいかな~~。

今回は個人的に術忍で気を付けてることの
紹介いきま~す!

ちなみにすぐ床ペロしちゃう状況で
十六夜できない時間を減らすために
十六夜5と十六夜3の使い分けをすることは
ありますが、忍者全体で言えることだし
そういうのは省いています。

爆裂とかは十六夜しなきゃ詠唱が残ってしまうけど
氷柱落としや朔風は無くても無詠唱で出せるから
十六夜が無くて何もできないっていう時は
あんまりないかも。

(ただ符の詠唱は十六夜が無いと遅いです)


①敵の属性がバラバラな所では2~3属性使えるようにする

他の職やタイプだったら当たり前のことなんだけど、
術忍は火・水・風で戦うのが基本なので、属性相性には
より気を配る必要があると思います。


(土魔法も一応、土符→開放で打てた気がするけど
うろ覚えだし、使いやすいとは言えないから
この部分では例外という事で…。)

例えば氷柱落としをメインに戦うにしても
効かない敵には、どうするのか。
それをクリアしたとしても聖4とかどうするのか。


この辺りが解決してあれば、色んな所にも行けるし
長く遊べると思います。

逆にそうしないと遊べる所は限られるかも。
装備で使えるスキルが増えてきた今だからこそ
考えたい課題です。

②符で魔法威力のバランス調整をして対応力を上げる

忍術は展開する符の影響をかなり受けるのがポイント。
でも、戦いながら敵毎に咄嗟に展開するのは少し大変です。
だから使いたい技に合わせて属性符を
事前展開しておくのが基本だと言えるでしょう。

で、その前提がある中で
色々な属性の敵と戦う時や敵の数が多い所では
自分の場合、メイン技の氷柱落としではなく
サブ技の朔風に合わせて風符を展開しています。

これは何故かっていうと次の理由が大きいかも。

・氷柱落としはそのままでも威力がそれなりにある
・風、聖以外だったら氷柱落としで倒しそこねた敵が
朔風ですぐに対処できる
(この部分は土のやつと水のやつがいるハワードを
雑に判別して倒すのに助かってます)
・朔風は範囲に優れる分使いやすく、
符展開で頼りない威力も少しはカバーできる
(敵が近かったら氷柱落とし、遠かったら朔風という
使い分けも可能
)
・氷柱落としで凍らせた後に使いやすい

本当に個人的な話になるんですけど、こんな感じで
符で朔風の威力を素の氷柱落としの威力と
同じくらいにしてMD探索をしやすくしています。


もちろん、属性一つで事足りるような所やボスの時は
普通に属性突ける技に合わせた符展開をする事が多いです。

↓渓谷討伐の時なんかは風符朔風と弱点突いた氷柱で
どちらもローラ以外ほぼ1確取れてた気がします。




③持ち歩く媒介の数、消費を抑えられるところを考える

夢幻だったら自由なタイミングで戻れるから
まだ良いですけど、ETとか古城探索だったら
この辺は考えておきたいかも。

自分の場合、普段は氷閃石400風鈴石500くらいを
持ち歩いてます。
ETとかだったら氷閃石500風鈴石600くらい持っていくけど
60~70階の時にはもう使い切ってる時が多いですね…。

最初の方で雷撃砕使いまくってるのも消費に関係してそうだけど。

そんな訳で長丁場のMDの時は、強敵以外だったら
氷閃槍・紅炎華・風刃で対処したり、
装備で使えるLOV・メテオで対処したりして
媒介消費を抑えることも必要かなって思ってます。


今回はこんな感じでおしまい!